20170725

2017.07.25 Tuesday

最近ラジオでRADのあの曲がよく流れるので。『君の名は』を観た後に、当時なんとも言葉にならないモヤモヤがあって、そのモヤモヤをたどっていた時期がありました。周りの感想は「よかった!」とか「泣いた!」だったのでなかなか辿るのが大変でしたが、私の感想は「なんて残酷な夢を見せる映画なんだろう」という結論。起こったことはなかったことにはならない。割れた器は元には戻らない。時間は戻らない。タラレバの世界はない、そんなところに夢を見ていてもどうしようもない。受け入れたところで、どうして後悔を引き戻そうとするのか…と。いうのが私の感想。「死んだ者は生き返らない」私の周りはきっと今年の4月にこれを思い知ったと思う。もし公開が今年だったら、同じ感想でいられただろうか?と。…この感想は多分きちんと結論までたどり着いてから、一人にしか話したことがない。どう思われたかはわからないけれど。あれは…いつ話したのかな…もう私が覚えてない;;もし4月以降だったら、もう少し相手も私の言ったことが理解出来たかもしれない。

スポンサーサイト

2017.08.04 Friday

関連する記事