0127

2015.01.27 Tuesday

2013年に工房を造ってその年は
会社で働きつつ
参加するイベントがあれば
週末は参加していました。


色んな人が


「働き(固定の収入があり)ながら
すきなことができるんだから
今がいちばんいいじゃん」


と言いました。




でも私はその時点での現状を
全然よくないと思っていました。




会社の仕事は中途半端になるし
確実に迷惑をかけていて

(誰もそう言った人はいませんが
自分がいない時に何を言われていたかなんて
わかりませんし言われていても当然です。
でも皆さん応援してくださって、
本当にいい人たちでいい会社だったと
今、心の底から感謝しています。
ありがとうございます。)

(誰もここは見てないと思いますが)


あまりに違う世界の両立なんて
私には出来なかったのです。









結局その年に退職届を出し



「じゃあこの工房を使って
どうやって私は
これからいきていくのか」



仕事とは人生を考えることと
同じことだと思っています。


【これから私はどうやっていきていきたいのか】




退職日までやり方を考えて
とにかく電卓を叩く日々でした。










いろいろと考えつつ

2013年に活動した中で
私は自分の作るものが
【イベント(非日常)】として
扱われるのが苦手だとわかりました。





あと、イベントに出店の時は
正直かなり過酷な労働です。





「これは人の働き方ではない」


「毎回こんなことしていたら
絶対に続けられなくなる。」


「仕事としても人生も命も続かない」






製造の時はそう思いつつ
イベントではあっという間に完売すると
よくわからないアドレナリンで
すごくいい気分になるんです。

そして次の出店の時も
この繰り返しでした。











私が思うに人生を支える
ほとんどは【日常】です。



自分の作るものも
本当にただの
【日常】のものでありたい。







「今日はベーグルが食べたい」
そうなった時に浮かべてもらえる



本当、ふっと力を抜いた状態で
思い浮かべてもらえる





「休みの日はあの店のベーグルを買いに行こう」




だけどちょっとだけ
心が上向きになれるような
そんな日常のひとつに。








誰かの【日常】になりたいなら
つまり私にとっても
ベーグルを作ることが
【日常】にならなければ


絶対にそうなることはできない。






イベント出店一日で
100個売ることは簡単だけど

毎日ベーグルを20個
五日間売り続ける方が
(買って下さる人が現れることの方が)
とっても大変だけど
とっても意味がある、ハズ。



※この例えは極論です※








そう考えたら自ずと
営業時間・定休日を設けた
【店】という
選択肢しか残りませんでした。









***************







「商売はどうですか?」



色んな人に会うたびに
聞かれますが

「どうにかやっています」と言えるのが
どのくらいの年商なのか
それすらわからないので
いつもうまく答えられません…。



かなり苦手な質問です。









【店】という形にしたことが
果たして正解だったのか
どうかもわかりません。



【イベント出店】をメインとして
「いつも派手に売っている」
そんな印象になる方が
よかったのかもしれません。




今でもお店でそんな印象を
言われたりもしますが

「普段はこんな地味ですよ」と
店内を見渡して
笑って答えています。(笑)









完売なんて本当に稀な幸運なこと。



誰かが来て下さることすら
本当に有り難い。



余る日の方が多いです。
(そんな時は母親に協力してもらって
仕事先で販売してもらっています)
(すみません)



積雪で誰も来ない日もありました。



そうだとしても
仕事は変わらず毎日
続けてきました。






「今日はあの人来なかったな」

と思ったり

「お久しぶりです
お元気でしたか」と言えたり




続けているうちに思える
そういうことが
本当にうれしいです。





正解ではなかったかもしれない。
茨の道を選んだかもしれない。


一般の生活リズムとは離れたり
苦しいことの方がきっと多いけれど
だけど私は


毎日小さく小さく
地味に営業をして

1個単位でお客様が
自由に買うことが出来る
【店】という形を選んで
よかったと思っています。
























階段を段飛ばしするような
そんなふうに駆け上がる
カリスマ的なスピードは
ないだろうけど


私は私のペース

牛歩のような歩みでも
自分の信念から
逃げずに進んでいこうと思います。







いつだかよくわかんないですが
もうすぐ一年が過ぎるので
めずらしく思っていることを
書き留めてみました。




縁あって出会えた皆さまに感謝します。




ホリウチおやつ
堀内梨沙





ツイッターはこちらから
https://twitter.com/HoriuchiOyatsu




















スポンサーサイト

2017.05.22 Monday

関連する記事